フルハーネス型墜落制止用器具取扱特別教育

フルハーネス型墜落制止用器具取扱特別教育とは

建設業等の高所作業において使用される胴ベルト型安全帯は、墜落時に内臓の損傷や胸部等の圧迫による危険性が指摘されており、国内でも胴ベルト型の使用に関わる災害が確認されています。そのような背景から、厚生労働省は安全帯の名称を「墜落制止用器具」に改め、国際規格であるフルハーネス型を採用することになりました。それに伴い名称・範囲と性能要件を見直すとともに、特別教育を新設し、墜落による労働災害防止のための措置を強化しました。
【平成31年2月1日施行】(東京・埼玉・静岡・神奈川・千葉・群馬・栃木・茨城)

平成30年政令第184号(平成30年6月8日)
平成30年厚生労働省令第75号(平成30年6月19日)
平成30年厚生労働省告示第249号(平成30年6月19日)

根拠法令

労働安全衛生法 第59条-3より

労働安全衛生規則第36条-41
高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く。)

講習コース及び講習料金

Aコース

  • 胴ベルト型を用いて行う作業に6ヶ月以上従事した経験を有する者で、ロープ高所作業特別教育または足場の組立て等特別教育受講者
  • 講習料金:
    受講料金5,200円 + テキスト800円
    合計6,000円

Bコース

  • Aコースに該当しない者
  • 講習料金:
    受講料金8,200円 + テキスト800円
    合計9,000円
講習内容 Aコース Bコース
1.作業に関する知識(1h)
2.墜落制止用器具に関する知識(2h)
3.労働災害の防止に関する知識(1h)
4.関係法令(0.5h)
5.墜落制止用器具の使用方法等【実技】(1.5h)
合計 4時間
6,000円
6時間
9,000円

講習日数・講習日程・お申込み

2019
01
31

フルハーネス型墜落制止用器具取扱特別教育

他の講習日程及び申込み全体日程表(東京・全国開催)をご覧ください。

出張講習は随時受付中です。 出張講習申込

講習案内

お問い合わせ

一般社団法人 労働技能講習協会 本部
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北1-14-16豊玉ビル

03-3557-5621

03-3557-5622

メールはこちらからどうぞ


静岡連絡事務所
〒412-0042
静岡県御殿場市萩原200-1-101

0550-82-8887